医化学講座について

研究分野

  • 新規強心薬の開発
  • 細胞の力学的負荷と収縮性評価
  • タンパク質分解を標的とした薬剤スクリーニング
  • 転写制御・1細胞トランス クリプトーム
  • ミトコンドリア病 治療薬開発

大学院生募集

ラボブログ

大阪大学医学部医化学トップページ > 医化学講座について

医化学講座について

生命活動の解明の歴史と、タンパク質の構造

生命活動の解明の歴史

全ての生物は、宇宙の法則に忠実に従って生命活動を行っています。
エントロピーが増大し続ける宇宙の法則の中で、拡散するエントロピーの増大を抑制することにより、生物は秩序ある個体として形成されています。

生物がエネルギーを非常に効率よく利用するだけでなく、エントロピーの増大や分子のブラウン運動ですら意味のある生命活動に変えることができたのは、複雑な構造を持つタンパク質を合成できたからです。生命活動の解明の歴史はタンパク質の構造と機能解明の歴史ともいえます。

様々なタンパク質についての謎を解明する難しさ…

蛋白質についての謎

分子生物学の急速な発展に伴い、様々なタンパク質の基本構造、それらが互いに複雑に作用しあう生体内ネットワークが明らかになってきました。

と同時に、これまで解明されてきた事象に比べて、これから解明すべき事象が比較にならないほど多いことを、我々は21世紀になって新たに思い知らされました。

タンパク質が互いに作用し合う複雑な事象解明と疾患治療

事象解明と疾患治療

複雑につながりあう事象を解明していくことは大きな困難を伴いますが、一つ一つのタンパク質の機能はかならず生命活動全体に反映されるという生物学の特殊性が、今の時代において”分子探索”を行うことの意義につながると考えています。

このような考えから我々は、”分子レベルの生物学的現象をまず新たに発見する探索的研究”を優先し、それを独自の生理機能解析系につなげることで、小さな発見を大きな生命機能に結び付けることに成功してきました。そして最終的には病態の理解や疾患治療につなげることを目標としています。

2019年の現在、研究室では9つもの創薬パイプラインが走っており、それぞれが探索的研究に基づく全く新規の医薬品として開発が進んでいます。